山崎祐子

  1. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

    蜆汁神保町の灯が好きで山崎祐子))東京都千代田区神田神保町は本の街だ。決して広くはない一画に大中小の出版社や書店が櫛比する。古書店街としては世界最大規模らしい。別の一画にはやはり大小のスポーツ用品店…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子

    やあ、どうもどうも山崎祐子(「りいの」「絵空」同人)初めて銀漢亭を訪ねたの…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  2. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  4. 【秋の季語】秋灯下
  5. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】

Pickup記事

  1. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  2. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  3. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1
  4. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  5. 【春の季語】鶯
PAGE TOP