岡本眸

  1. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】

    卓に組む十指もの言ふ夜の秋)岡本眸 刑事コロンボが犯人にボロを出させる手法の一つとして、尋問を一通り終えて帰りかけている相手に「すみません、あともう1つだけ」と追加の質問をする、というものがある。ホ…

  2. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】

    桜蘂ふる一生が見えてきて岡本 眸窓から見える景色が、ところ…

  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸

    【第3回】葛飾と岡本眸広渡敬雄(「沖」「塔の会」)葛飾郡は、古くは千葉、埼…

おすすめ記事

  1. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
  3. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  4. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  5. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】

Pickup記事

  1. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 
  2. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  3. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  4. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  5. 【夏の季語】バナナ
PAGE TOP