後藤夜半

  1. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】

    針供養といふことをしてそと遊ぶ後藤夜半 外出するときにその理由を言い出しづらい時がある。若かりしころは、彼女と出かける、今であれば、パチンコに行く、馬券を買いに行く、いっぱい飲みに行く、そんなときに…

  2. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】

    風邪を引くいのちありしと思ふかな後藤夜半 &#x303d…

  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半

    【第48回】箕面と後藤夜半広渡敬雄(「沖」「塔の会」)箕面…

  4. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】

    からたちの花のほそみち金魚売後藤夜半見たことがない景でも、…

  5. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】

    又の名のゆうれい草と遊びけり後藤夜半「ゆうれい草」は銀竜草…

  6. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】

おすすめ記事

  1. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  2. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 
  3. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  4. 【夏の季語】梅雨
  5. 【春の季語】蛇穴を出づ

Pickup記事

  1. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  2. 【冬の季語】水仙
  3. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  4. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  5. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
PAGE TOP