手袋

  1. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】

    手袋に切符一人に戻りたる浅川芳直人は一人で生まれ、一人で死んでゆく。人生の大半は家族や仲間と一緒に過ごすが、生涯の始まる前と終わった後は一人なのだ。様々な別れも、もともとは一人だったのだから…

  2. 【冬の季語】手袋

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】手袋俳句では「寒さ」から手を守るた…

  3. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】

    片手明るし手袋をまた失くし相子智恵ない。ない? ないない、…

  4. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】

    手袋を出て母の手となりにけり仲寒蟬〈なりにけり〉は俳句には…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  2. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  3. 【秋の季語】芋虫
  4. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】
  5. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】

Pickup記事

  1. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  2. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#12
  4. 【春の季語】四月馬鹿
  5. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
PAGE TOP