新緑

  1. 【夏の季語】葉桜

    【夏の季語=初夏(5月)】葉桜桜の花が散って「若葉」が出はじめた頃から、「新緑」で覆われた時期までの桜の木、またはその様子のこと。【葉桜(上五)】葉桜の中の無数の空さわぐ 篠…

  2. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】

    新綠を描くみどりをまぜてゐる)加倉井秋を)秋をは相当な秀才…

  3. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】

    産みたての卵や一つ大新緑橋本夢道(「新興俳句アンソロジー」ふらんす堂より)…

  4. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜

    【夏の季語=初夏(5月)】新緑/緑さす 緑夜【ミニ解説】新緑は「晩春から初夏にかけ…

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  2. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  3. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  5. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】

Pickup記事

  1. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  2. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】
  3. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  4. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  5. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
PAGE TOP