日脚伸ぶ

  1. 【春の季語】永き日

    【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日「日永」のこと。「永日」とも。【永き日(上五)】永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城永き…

  2. 【春の季語】日永

    【春の季語=三春(2月〜4月)】日永晩冬には「日脚伸ぶ」という季語…

  3. 【冬の季語】短日

    【冬の季語=初冬〜仲冬(11〜12月)】短日「冬至」に向かっていくころ、い…

  4. 【冬の季語】日脚伸ぶ

    【冬の季語=晩冬(1月)】日脚伸ぶ一年で明るい時間が最も短いのが「冬至」で…

  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ

    サラダ・パリジェンヌSalade parisienne…

おすすめ記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  2. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  3. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  4. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  5. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】毛糸玉
  2. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  3. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  4. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  5. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
PAGE TOP