1. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】

    いぬふぐり昔の恋を問はれけり谷口摩耶(『風船』) 恋人に昔の恋の話をしてはいけないということを知ったのは、夫と交際し始めた頃である。それまでは、様々な人に昔の恋の話をしてきた。女性は過去を話したがる…

  2. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】

    葛の花むかしの恋は山河越え鷹羽狩行(『月歩抄』) 葛の花と…

  3. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

    ひめはじめ昔男に腰の物加藤郁乎(『江戸桜』)〈ひめはじめ〉…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  4. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  5. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
  2. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  5. 【夏の季語】朝顔市
PAGE TOP