1. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 

    桜貝長き翼の海の星)波多野爽波『湯呑』海の上に浮かぶ星の、その悠々と伸びる光を「長き翼」と詠った。そして春の海の優しい闇の中で、親しみがあっただろう桜貝に思いを馳せる。ロマンチックな感じもしつつ、季…

  2. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

    星老いる日の大蛤を生みぬ)三枝桂子)「ネガティヴ・ケイパビ…

  3. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友

    ミステリートレインが着く猿の星)飯島章友ときどき列車の車内…

  4. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】

    ふんだんに星糞浴びて秋津島()谷口智行〈星糞(ほしくそ)〉…

おすすめ記事

  1. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  2. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  3. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  4. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  5. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】雪
  2. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  3. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  4. 【冬の季語】雪達磨
  5. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
PAGE TOP