1. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 

    桜貝長き翼の海の星)波多野爽波『湯呑』海の上に浮かぶ星の、その悠々と伸びる光を「長き翼」と詠った。そして春の海の優しい闇の中で、親しみがあっただろう桜貝に思いを馳せる。ロマンチックな感じもしつつ、季…

  2. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

    星老いる日の大蛤を生みぬ)三枝桂子)「ネガティヴ・ケイパビ…

  3. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友

    ミステリートレインが着く猿の星)飯島章友ときどき列車の車内…

  4. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】

    ふんだんに星糞浴びて秋津島()谷口智行〈星糞(ほしくそ)〉…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春分
  2. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  3. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  4. 【春の季語】白梅
  5. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】

Pickup記事

  1. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  2. 動かない方も温められている 芳賀博子
  3. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  4. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 
  5. しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】
PAGE TOP