時雨

  1. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】

    破門状書いて破れば時雨かな詠み人知らず レターセットはだいたい封筒が余る。便箋の方が必ず多く入っているのだが、同時に使い終るのは奇跡的なことだ。なぜならほぼ毎回書き損じてしまうから。書き損じを防ぐた…

  2. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】

    美しき時雨の虹に人を待つ森田愛子(『虹』) 作者は、若くし…

  3. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】

    鍋物に火のまはり来し時雨かな鈴木真砂女 今週に入ってだいぶ…

  4. 【冬の季語】時雨

    【冬の季語=初冬(11月)】時雨【ミニ解説】秋の末から冬の初めごろに、降っ…

  5. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】

    時雨るるや新幹線の長きかほ)津川絵理子 気付いたら十二月も…

  6. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
  2. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  3. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  4. 【春の季語】梅二月
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】

Pickup記事

  1. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】
  2. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  3. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】
  4. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
PAGE TOP