1. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】

    主よ人は木の髄を切る寒い朝成田千空『萬緑』創刊から7年後の昭和28年(1953・千空32歳)に、『萬緑』50号を記念して萬緑賞という結社賞が設けられ、その第一回を千空が受賞することになった。(創刊か…

  2. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】

    鵙の朝肋あはれにかき抱く石田波郷お元気ですか?今年…

  3. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

    笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも)中村苑子笹鳴きは、茂みの中…

  4. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊

    その朝も虹とハモンド・オルガンで正岡豊自分はずーーーっと俳…

  5. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】

    夏しんと遠くめぐらす朝の森大牧広大牧広(1931-2019…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  2. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【5月31日締切】
  3. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  4. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】
  5. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  2. 【春の季語】朧月
  3. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  4. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  5. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】
PAGE TOP