松本てふこ

  1. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】

    だんだんと暮色の味となるビール松本てふこ(『汗の果実』)気がつくと五月も後半戦で、本格的に暑くなってきました。予報では東京は今日も30℃越え。この都市の湿気の強い暑さは得意ではないのだけれど、今なら…

  2. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 

    不健全図書を世に出しあたたかし)松本てふこつい最近、不健全…

  3. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】

    黄金週間屋上に鳥居ひとつ松本てふこ屋上に神社を設けているビ…

おすすめ記事

  1. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  3. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】
  4. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪

Pickup記事

  1. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  2. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】
  3. 【春の季語】鴨帰る
  4. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
PAGE TOP