1. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】

    樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ日野草城何かを無性に抱きしめたくなって抱き枕を購入したことがある。「こうしたい!」がそこまで膨らんだことはなかったので自分でも不思議な気持ちで買いに行ったのだが、その…

  2. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】

    秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ小池康生「他人…

  3. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】

    つひに吾れも枯野のとほき樹となるか野見山朱鳥(『愁絶』)一…

  4. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】

    九月来る鏡の中の無音の樹)津川絵理子良い俳句の条件、ではな…

  5. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑

    櫻の樹だつたのか土龍散步する)片上長閑先日、電車の中で山尾…

  6. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】

  7. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】

おすすめ記事

  1. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  2. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  3. 【夏の季語】青梅
  4. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  5. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】

Pickup記事

  1. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  3. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  4. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  5. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】
PAGE TOP