歩み

  1. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

    昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ佐藤佐太郎「時の感じ」というのが良い。舌足らずというより、言い表したくとも言葉としていまいち何といっていいか迷う感覚を、ぐっと掴み出してきたよ…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】梅早し
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  3. 【秋の季語】残暑
  4. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 
  5. 【冬の季語】師走

Pickup記事

  1. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  2. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)
  3. 【冬の季語】年惜む
  4. 【春の季語】引鴨
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
PAGE TOP