残る鴨

  1. 【冬の季語】鴨

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】鴨冬になると「水鳥」としてよく見られる。北国より渡り来て、「渡り鳥」だが、ずっと日本に留まる鴨もいる。「鴨来る」は秋の季語、「引鴨」は初春の季語、「残る鴨」は晩春の…

  2. 【秋の季語】鴨渡る

    【秋の季語=仲秋(9月)】鴨渡る【ミニ解説】ずっと日本に留まる鴨も…

  3. 【秋の季語】鴨来る

    【秋の季語=仲秋(9月)】鴨来る【ミニ解説】ずっと日本に留まる鴨も…

おすすめ記事

  1. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  2. 【冬の季語】凍る
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】

Pickup記事

  1. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  2. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  3. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  4. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  5. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
PAGE TOP