永山智郎

  1. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘

    おそろしき一直線の彼方かな)畠山弘現代俳句協会編 『昭和俳句作品年表 戦後篇 昭和21年~45年』東京堂出版、2017年、123頁[昭和26年の部より])掲句、句材の単純さにおいてはなかなかに類を見…

  2. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】

    片蔭の死角から攻め落としけり)兒玉鈴音『第24回俳句甲子園公式作品集』(2…

  3. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之

    復讐の馬乗りの僕嗤っていた)福田若之句集『自生地』(東京四季出版、2017…

  4. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】

    年玉受く何も握れぬ手でありしが)髙柳克弘(『俳壇』2022年1月号))…

おすすめ記事

  1. 【#24】愛媛の興居島
  2. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  3. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  5. 自愛の卓ポテトチップは冬のうろこ 鈴木明【季語=冬(冬)】

Pickup記事

  1. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  2. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  4. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  5. 【#21】中国大連の猫
PAGE TOP