消す

  1. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】

    啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ磯貝碧蹄館(『道化』)浅蜊は、春の季語である。桜貝が海辺を染める頃より採られ始める。母方の実家が茨城県の大洗近くであったため、ゴールデンウイークには潮干狩に出掛けた。ま…

  2. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

    灯を消せば部屋無辺なり夜の雪小川軽舟(「俳句四季」2019年1月号)…

  3. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】

    消すまじき育つるまじき火は埋む京極杞陽(『但馬住』) 火種…

  4. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】

    胸の炎(ほ)のボレロは雪をもて消さむ)文挾夫佐恵小学校の頃…

  5. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】

    一燈を消し名月に対しけり)林翔 月は可能な限り毎日見ている…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  2. 【冬の季語】落葉
  3. 【春の季語】二月尽
  4. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】
  5. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 

Pickup記事

  1. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  2. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  3. 【冬の季語】蒲団(布団)
  4. 【冬の季語】襟巻
  5. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
PAGE TOP