1. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】

    筍にくらき畳の敷かれあり)飯島晴子 本意にどっぷり浸かりながらも、本意に抵抗する矛盾そのものが俳句形式ではないかという晴子の考えは以前も紹介した。筍も畳も本意をたっぷり含んだ言葉である。晴子に竹や筍…

  2. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】

    木犀や同棲二年目の畳髙柳克弘(『未踏』) 「神田川」という…

  3. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】

    替へてゐる畳の上の冬木影浅野白山(あさの・はくざん)まさとし))…

  4. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】

    竹秋や男と女畳拭く飯島晴子秋と言いながら何故か春の季語の「…

  5. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】

    五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦「五月雨や」という上…

おすすめ記事

  1. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  2. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  3. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  4. 【夏の季語】滝
  5. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  2. 【春の季語】野遊
  3. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  4. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  5. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
PAGE TOP