1. 【夏の季語】金魚

    観賞用の魚の定番。昔は「金魚売」といって、街中を売り歩く行商人もいたほどだが、「金魚屋」といえば、いまは「祭」の屋台の「金魚すくい」か、あるいはアクアリウムショップで売られるのが一般的になった。「出目金」や…

  2. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】

    祭笛吹くとき男佳かりける橋本多佳子 向井太一の歌が聴きたく…

  3. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子

    【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2藤原暢子(「雲」)…

  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#2このコーナーは、気鋭の…

おすすめ記事

  1. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  2. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  3. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】
  4. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)

Pickup記事

  1. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  2. 【冬の季語】南天の実
  3. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【予告】
  4. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
PAGE TOP