自由律

  1. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】

    恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし河東碧梧桐(『明治・大正・昭和 自由律俳句作品史』)碧梧桐は虚子とともに子規門の双璧だが、いまの俳句実作者は有季定型かつ虚子門下の流れが圧倒的に多いし、そうではない…

  2. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】

    みかんいろのみかんらしくうずもれている岡田幸生(新版『無伴奏』2015年)…

  3. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】

    言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる種田山頭火(『山頭火俳句集…

  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第26回】小豆島と尾崎放哉

    【第26回】小豆島と尾崎放哉広渡敬雄(「沖」「塔の会」)小…

おすすめ記事

  1. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  2. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  4. 風邪ごもりかくし置きたる写真見る     安田蚊杖【季語=風邪籠(冬)】
  5. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】

Pickup記事

  1. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  2. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  4. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】
  5. 【冬の季語】冬木の芽
PAGE TOP