草紅葉

  1. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】

    逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ)池田澄子句集『此処』(2020.6朔出版)所収誰かの作品を読んで、わかる、と共感することはある。けれど、わかってもらえる、と思えるのは池田澄子さんの作品だけ…

  2. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】

    好きな繪の賣れずにあれば草紅葉田中裕明今もあるのか分からな…

  3. 【秋の季語】草紅葉/草の錦

    【秋の季語=晩秋(10月)】草紅葉/草の錦  【解説】紅葉といえば、ふつうはカエデ…

おすすめ記事

  1. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  2. 【冬の季語】冬に入る
  3. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  4. 【夏の季語】母の日
  5. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】葛の花
  2. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  3. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  4. 【冬の季語】蕪
  5. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
PAGE TOP