落ちる

  1. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】

    くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり田中裕明夏越の祓は、陰暦六月三十日に行うものだが、陽暦で行なっている神社も散見される。形代や茅の輪を潜る際に唱える「宮川の清き流れにみそぎせば祈れることの叶わぬ…

  2. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】

    川を見るバナナの皮は手より落ち高濱虚子初出は、1935年で…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP