葛飾北斎

  1. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】

    してみむとてするなり我も日傘さす)種谷良二 ゴッホが好きなら北斎も見るべきだ。「大英博物館 北斎―国内の肉筆画の名品とともに―」(サントリー美術館)は大変な賑わいだった。展覧会は閉幕したが「…

  2. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】

    ひと魂でゆく気散じや夏の原葛飾北斎俳人は季節に対して、それ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  2. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  3. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  4. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】枯木
  2. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  4. 初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎【季語=初花(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
PAGE TOP