薬喰

  1. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】

    イエスほど痩せてはをらず薬喰亀田虎童子『日本大歳時記』(講談社 1983年)による「薬喰」の解説を引く。「獣肉を食べることを嫌った時代があったので、これを薬と称して食べもした。また鹿の肉は冬…

  2. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮

    兎もも肉の赤ワイン煮Cuisses de lapin au vin rou…

おすすめ記事

  1. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  2. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  3. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  4. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  5. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  2. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  4. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  5. 【冬の季語】小六月
PAGE TOP