1. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】

    美しき時雨の虹に人を待つ森田愛子(『虹』) 作者は、若くしてその美貌と才を惜しまれつつ亡くなった俳人である。高浜虚子の小説『虹』のヒロインとして知られる。二人が初めて出逢ったのは、昭和16年の正月。…

  2. 【夏の季語】虹

    【夏の季語=三夏(5〜7月)】虹雨が降ったあとなどに現れるアーチ状の七色の…

  3. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】

    めぐりあひやその虹七色七代まで)中村草田男 中村草田男は昭…

  4. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】

    虹の後さづけられたる旅へ発つ)中村草田男草田男は『火の島』…

  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン

    【第7回】虹はまだ消えず(2018年 天皇賞(春)・レインボーライン)…

  6. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】

  7. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊

おすすめ記事

  1. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム
  3. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 
  4. 【冬の季語】冬麗
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子

Pickup記事

  1. 渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明
  2. 【春の季語】春の塵
  3. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  5. 【春の季語】春の泥
PAGE TOP