1. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】

    猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ雪我狂流(ゆきがふる))亀には発声器官がないので実際には鳴かない、というか鳴けないらしいが、甲羅干しの途中で喉をぐうんと反らしたりするのを見ると、鳴いてもおかしくないと思う。…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】師走
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  3. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4

Pickup記事

  1. 【新年の季語】松飾る
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
  3. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】
  4. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
  5. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
PAGE TOP