走る

  1. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 

    芹と名がつく賑やかな娘が走る)(中村梨々去る3月2日に、松江市の「書架 青と緑」(@shoka_books)さんで、念願の「第1回書架句会(仮)」を開催した。松江への赴任が決まった段階より、店主の日…

  2. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の頃の電車は突つ走る)波多野爽波『湯呑』前回は星野立子…

  3. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】

    はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな京極杞陽(きょうごく・きよう)…

  4. 蜩やチパナスのあたり雲走る 井岡咀芳【季語=蜩(秋)】

    蜩やチパナスのあたり雲走る井岡咀芳(『南洋のたび 咀芳句日記』昭和10年 …

  5. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】

    美しき緑走れり夏料理星野立子(現代俳句協会編『昭和俳句作品年表』2014年…

  6. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】

おすすめ記事

  1. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
  3. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  5. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】

Pickup記事

  1. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  2. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  3. 【秋の季語】天の川
  4. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  5. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
PAGE TOP