1. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

    ひきつゞき身のそばにおく雪兎)飯島晴子「ひきつゞき」というのは、「雪兎が解け去ってからも」の意と思われるが、それにしてもこの改まった言い方には力がこもっている。そして「身のそばにおく」というのも、自…

  2. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】

    寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は成田千空 第四句集『白光』によ…

  3. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】

    白鳥の花の身又の日はありや成田千空 千空の萬緑賞受賞後、中…

  4. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】

    山椒の実噛み愛憎の身の細り清水径子(『現代俳句歳時記』) …

  5. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】

    白萩を押してゆく身のぬくさかな)飯島晴子 両側から萩が、「…

  6. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】

おすすめ記事

  1. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  2. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  3. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】

Pickup記事

  1. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  2. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  3. 【春の季語】春一番
  4. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  5. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
PAGE TOP