軽い

  1. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】

    軽き咳して夏葱の刻を過ぐ)飯島晴子 一読、ごほんごほんと咳をしながら葱畑を過ってゆく景色が見えてくるわけであるが、「刻」という一語からさらに世界は深まる。「夏葱の刻」が具体的に何時かを探っても仕方あ…

  2. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】

    枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」)林 翔特に理由もない…

おすすめ記事

  1. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  3. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  4. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  5. 【春の季語】薄氷

Pickup記事

  1. 彼が下げ夕張メロン上京す 太田うさぎ【季語=メロン(夏)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて
  3. 【新年の季語】注連の内
  4. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  5. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
PAGE TOP