金魚鉢

  1. 【夏の季語】金魚

    観賞用の魚の定番。昔は「金魚売」といって、街中を売り歩く行商人もいたほどだが、「金魚屋」といえば、いまは「祭」の屋台の「金魚すくい」か、あるいはアクアリウムショップで売られるのが一般的になった。「出目金」や…

  2. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭

    「金魚」の一種で、「琉金」の突然変異個体を選別・固定化した品種。江戸時代の寛政年間…

  3. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】

    ゆく船に乗る金魚鉢その金魚島田牙城金魚といえば、日本の夏の…

おすすめ記事

  1. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷
  4. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  5. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】実南天
  2. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  3. 【春の季語】蜃気楼
  4. 【夏の季語】昼寝
  5. 【冬の季語】雪折
PAGE TOP