雀蛤となる

  1. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】

    魚は氷に上るや恋の扉開く青柳飛(「天為」) 俳人の間で「歳時記カレンダー」(株式会社シーガル)が流行っている。季節ごとの行事や動植物が絵入りで掲載されており、旧暦の記載もある。そして二十四節気七十二…

  2. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】

    だんだんと暮色の味となるビール松本てふこ(『汗の果実』)気…

  3. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】

    雀蛤となるべきちぎりもぎりかな河東碧梧桐(『春夏秋冬』)恋…

おすすめ記事

  1. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  2. 【冬の季語】寒椿
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  4. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  5. 【春の季語】鴨引く

Pickup記事

  1. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  2. 【春の季語】椿
  3. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  4. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  5. 【冬の季語】雪降る
PAGE TOP