露草

  1. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】

    露草を持つて銀行に入つてゆく)飯島晴子 たまたま道端で摘んだ露草を持ったまま銀行に入っていったという程度の状況ではあろうが、露草が何か銀行で必要なものであるかのような、御伽噺的な雰囲気も漂う。「露」…

  2. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】

    言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる種田山頭火(『山頭火俳句集…

  3. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】

    つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹ひらがな表記が…

  4. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花

    【秋の季語=初秋(8月)または中秋(9月)】露草/月草 ほたる草 ばうし花【解説】…

おすすめ記事

  1. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  2. 【秋の季語】秋分の日
  3. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  4. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  5. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】

Pickup記事

  1. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  2. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  3. 【卵の俳句】
  4. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  5. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
PAGE TOP