青葉冷

  1. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】

    青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ)河野南畦「青葉冷え」は出会った時から気になっていたものの使ったことがない季語である。個人的な理由としては、音が面白すぎるのだ。「ばび」が強い。「あおばびえ」は筆者にとって…

おすすめ記事

  1. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  3. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  4. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】花火
  2. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  3. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  4. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  5. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
PAGE TOP