連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鰆のエスカルゴバター焼き

Maquereau espagnol japonais au Beurre d’escargot


花時ですね。桜開花のニュースが届きはじめ、わが家の近所の桜の木も一輪二輪、ほころびはじめているようです。

鰆のエスカルゴバター焼き。

エスカルゴバターは、室温で柔らかくしたバターに、刻んだパセリとにんにくを練り込んだもの。エスカルゴの殻に詰めて焼くことからこの名がついているのですが、冷凍庫に作り置きしておくと、ガーリックトーストなどにも便利です。

鰆の切身にパン粉をふり、エスカルゴバターをのせてカリっと焼き上げました。
春野菜のクリーム煮を添えて、いただきます。

さざなみにさざなみあらた花待てる  小澤實

季語【花】【桜】【花時】【鰆】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞
  8. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP