高柳重信

  1. 妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一

    妹に告げきて燃える海泳ぐ郡山淳一(『半獣神』(『俳句研究』昭和48年11月号内 第一回「五十句競作」応募作))「燃える海」を比喩と読むのは容易だが、この句には燃え盛る水面を眼前に表出させる重みがある…

  2. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信

    「月光」旅館       開けても開けてもドアがある)高柳重信…

  3. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】

    変身のさなかの蝶の目のかわき宮崎大地(「宮崎大地全句集」風の花冠文庫)…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】浅蜊
  2. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  3. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  4. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第71回】 志摩と友岡子郷

Pickup記事

  1. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  2. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  3. 【新年の季語】松飾
  4. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
PAGE TOP