高野素十

  1. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】

    たべ飽きてとんとん歩く鴉の子高野素十最初に断っておきますが、今回はちょっとだけ掟破りをします。俳人というものになってから、季節のカレンダーが旧暦になってしまったので、8月といえば「秋でしょ?…

  2. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実

    【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」岡田一実…

  3. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】

    夕空や日のあたりたる凧一つ高野素十))やれやれ、とほっとし…

  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十

    【第37回】龍安寺と高野素十広渡敬雄(「沖」「塔の会」)龍…

  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ

    カオマンガイRiz au poulet hainanais…

  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風

  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】

おすすめ記事

  1. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  2. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  3. 【新年の季語】初厨
  4. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  5. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】

Pickup記事

  1. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  2. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  3. 【夏の季語】向日葵
  4. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  5. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
PAGE TOP