1. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】

    生きのよき魚つめたし花蘇芳)津川絵理子手に触れた魚のつめたさに、生きのよさを感じてハッとした。俳句に掬い取るのにふさわしい発見だ。魚を釣り上げたのか、もしくは店で新鮮な魚を購入し、ビニール袋越しに触…

  2. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】

    白魚のさかなたること略しけり中原道夫鮮やかなウィットである…

  3. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦

    黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも高野公彦…

  4. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】

    春愁は人なき都会魚なき海)野見山朱鳥) 人っ子ひとりいない…

  5. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】

    蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり日原傳最初に断っておくが、こ…

  6. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】

おすすめ記事

  1. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  3. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  4. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  5. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】
  2. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  3. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  5. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
PAGE TOP