鴨帰る

  1. 【春の季語】鳥曇

    【春の季語=仲春(3月)】鳥曇秋に日本に渡ってきた「雁」や「鴨」や「白鳥」などの冬鳥が、北の繁殖地に帰っていく頃の曇った天候のこと。七十二候でいうと「玄鳥至」に、「鴻雁北」がつづく。帰る雁にちがふ雲…

  2. 【春の季語】鴨引く

    【春の季語=初春〜仲春(2月〜3月)】鴨引く【ミニ解説】「引鴨」を…

  3. 【春の季語】引鴨

    【春の季語=初春〜仲春(2月〜3月)】引鴨【ミニ解説】ずっと日本に…

  4. 【春の季語】鴨帰る

    【春の季語=初春〜仲春(2月〜3月)】鴨帰る【ミニ解説】「鳥帰る」…

  5. 【秋の季語】鴨渡る

    【秋の季語=仲秋(9月)】鴨渡る【ミニ解説】ずっと日本に留まる鴨も…

おすすめ記事

  1. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  2. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  3. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】
  4. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】

Pickup記事

  1. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  2. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  3. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  5. 【秋の季語】椎茸
PAGE TOP