黒澤麻生子

  1. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】

    まだ固き教科書めくる桜かな)黒澤麻生子2016年4月8日金曜日、筆者の俳句人生に大きな影響を及ぼす句会がスタートした。俳人協会による若手句会である。第一回開催日が虚子忌だったので鮮烈に記憶に刻まれた…

  2. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想

    【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】永き日
  2. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
  3. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  4. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  5. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  2. 九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子【季語=雛(春)】
  3. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  5. 【新年の季語】嫁が君
PAGE TOP