龍の玉

  1. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)

    【冬の季語=晩冬(1月)】竜の玉(龍の玉)ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)と呼ばれる植物の実。垣根か庭の下草として植えられることが多い。冬も深まるころ、あたりが枯れた中でコバルトブルーの実をひそか…

  2. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】

    龍の玉深く蔵すといふことを高浜虚子いわゆる名句である。…

おすすめ記事

  1. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  2. 【冬の季語】寒木
  3. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  4. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】
  5. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】

Pickup記事

  1. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  3. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  4. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
PAGE TOP