1921年生まれ

  1. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】

    十二月うしろの正面山の神成田千空 草田男に愛妻俳句がごまんとあるように、千空も多くの愛妻俳句を詠んでいる。千空にとってその深い恩愛の対象として、市子夫人という存在は至極大きく、それは、「炎天の空へ吾…

  2. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】

    寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は成田千空 第四句集『白光』によ…

  3. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】

    雀来て紅梅はまだこどもの木成田千空 平成10年(1998・…

  4. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】

    白鳥の花の身又の日はありや成田千空 千空の萬緑賞受賞後、中…

  5. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】

    主よ人は木の髄を切る寒い朝成田千空『萬緑』創刊から7年後の…

  6. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】

  7. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】

  8. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】

  9. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】

  10. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】

  11. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】

  12. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

おすすめ記事

  1. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1
  2. 【春の季語】雛人形
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  4. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
  5. 【冬の季語】大晦日

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  2. シゴハイ【第4回】中井汰浪(「浪乃音酒造」蔵元)
  3. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  4. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
PAGE TOP