倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」

倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて


【第7回】

レンズ交換式カメラについて


外で一眼のカメラを見る機会がすくなくなりました。今回も一眼カメラ未体験の人向けの話を簡単にしてみます。一般利用がフィルムからデジタルカメラへ移行して、しばらくは一眼レフが主流でしたが、ここ数年はミラーレスのものが増えてきています。これは、ファインダーへ像を映すミラー構造が無く、ボディが小型化のメリットがあります。

レンズ交換式カメラ(一眼カメラ)は、望遠やマクロレンズ等、様々なレンズを使うことで撮影の幅が広がります。その一方、複数のレンズを購入するのに費用もかかりますし、持ち運びも不便です。ポケットサイズのコンパクトデジタルカメラに対して、一眼カメラは画質とAFの速さと正確さ、連射、高感度性能等、カメラとして高性能ということになります。

一眼カメラは一般的なセンサーのサイズにおいて大きさの順で、フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズの三種類があります。センサーサイズと画質の話はよく議論になりますが、違うと言えば違うし、ほとんど変わらないと言う人もいます。自分ではよく判らないというのが正直なところです。フルサイズは被写界深度が浅くてボケやすいことと、高感度性能が高いので夜や暗所の撮影で画質が有利です。

要点を簡単にまとめます。

  • フルサイズ
     重くて、大きくて、高額。大型センサーモデルで所有欲が満たされます。
     iso800以上で撮ることの多い人、ボケを撮りたい人向け。
  • APS-C
     中間的なセンサーサイズでバランスは良いのですが、キヤノンやニコンでは、ボディやレンズがフルサイズのダウングレード的な内容です。ミラーレスでは富士フイルムが力を入れています。
     ソニーのミラーレス一眼では、フルサイズとAPS-Cでレンズを共用できます。
     
  • マイクロフォーサーズ 
     パナソニックとオリンパス(現OMデジタルソリューションズ)の2社で、カメラのメーカーが違ってもレンズを共用できます。
     ボディとレンズも比較的安い、入門機からハイエンドまでラインナップが幅広い。
     持ち歩きは便利。フルサイズに比べると格下感。
  • レンズ
     ボディとの接続の機構をマウントといって、メーカーごとに、そして一眼レフとミラーレスでも違います。
     つまりキヤノンの一眼カメラのレンズをそのままニコンには使えません。
     別売りのアダプターを使うことで接続できますが、多くの場合マニュアルフォーカスのみで、AFが使えません。
     他社のAFにも対応のスマートアダプター(高いです)もあります。
     

個人的には、出かけるときに持っていくカメラはコンデジのことも多いです。撮影が主目的のときは一眼カメラを持っていきます。気分次第で使い分けています。フルサイズも持ってますけど、小回りの効くマイクロフォーサーズが好きです。


【執筆者プロフィール】
倉田有希(くらた・ゆうき)
1963年、東京生れ。「里俳句会」を経て現在は「鏡」に所属。
「写真とコトノハ展」代表。 ブログ「風と光の散歩道、有希編


【倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」バックナンバー】

>>第6回 デジタルカメラかスマートフォンか
>>第5回 写真と俳句、呼称の乱立
>>第4回 写真と俳句の流れと書籍
>>第3回 写俳亭、伊丹三樹彦
>>第2回 石田波郷と写真と俳句
>>第1回 写真と俳句



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん…
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  8. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」

おすすめ記事

  1. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  2. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子
  4. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#01】「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと
  6. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第6回】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  8. 【春の季語】鷹鳩と化す
  9. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  10. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】

Pickup記事

  1. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  2. 【冬の季語】師走
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  4. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  5. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  7. エッフェル塔見ゆる小部屋に雛飾り 柳田静爾楼【季語=雛飾り(春)】
  8. 【春の季語】山桜
  9. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  10. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子
PAGE TOP