2014年没

  1. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女

    銀座明るし針の踵で歩かねば八木三日女(『赤い地図』昭和38年)銀座は不思議な街である。デパートやブティックの賑わう日中、日本有数の歓楽街と化す深更。どこか静謐な雰囲気の漂う明け方と、めまぐるしく姿を…

  2. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】

    さくら仰ぎて雨男雨女山上樹実雄晴れ女が証明された場に居合わ…

  3. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】

    耳飾るをとこのしなや西鶴忌山上樹実雄(『四時抄』) 思春期…

  4. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

    スタールビー海溝を曳く琴騒の八木三日女(「Unicorn」創刊号 昭和43…

おすすめ記事

  1. 【#27】約48万字の本作りと体力
  2. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
  3. 【秋の季語】銀漢
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年3月分】
  5. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】

Pickup記事

  1. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  4. 梅咲きぬ温泉は爪の伸び易き 梶井基次郎【季語=梅(春)】
  5. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
PAGE TOP