ハイクノミカタ

子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ


子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめ 

上野ちづこ


へえ、上野ちづこ、なんていう社会学者と同姓同名の俳人がいるのね、と思う方がいるかもしれないが、上野千鶴子ご本人である。

かつて「京大俳句」に属していた上野は、1972年から10年間ほど俳句にかかわり、同志の江里昭彦によって1990年に句集『黄金郷(エル・トラド)』が刊行されている。

基本的には、季語に拘泥しない句が収められており、〈剥落する 一本のわたし〉〈あなたを愛している 鉄の匂い〉というような極私的な「短詩」もあるのだが、ここに挙げた句は、定型感覚の上に成立していて、後半部分の和語とひらがなの畳み掛けが、読者に余韻を残す。

「かはたれ」は夜明け、「たそかれ」は夕暮れであるから、太陽の動きに敏感に反応する子供を詠んでいるわけだが、幼児ではなく、まだ生まれたばかりの乳児であるのではないだろうか。

言葉を覚えていないからこそ、人間になりきれておらず、「動物」の領域に属しており、何か落ち着かない様子を見せるのだ。

不安な表情を浮かべ、ぐずりだし、そして大泣きする赤子。それは、夜明けとともに鳴き始め、そして夕暮れに木々に鳴きながら帰っていく「鳥」と同じである。

とまあ、句意を説明するならそういうことになるのだが、それはあくまで説明であって、そのような現実には落としきれない部分が、この句の魅力だ。

すぐに思い出すのは、加藤登紀子の「この空を飛べたら」(作詞・作曲は、中島みゆき)で、こちらは子供とは関係ないけれど、同種の想像力がはたらいていると言ってよいかもしれない。

と思ったら、上野と加藤の対談が見つかった。『登紀子1968を語る』(情況出版)に収められているそうだ。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  2. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】
  3. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  4. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  5. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  6. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  7. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  8. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の雨
  2. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  3. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  4. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  5. 【冬の季語】聖夜劇
  6. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  7. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  8. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  9. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  10. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】

Pickup記事

  1. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  2. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  3. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 
  4. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  5. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  6. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  7. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  8. 【新年の季語】初日記
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  10. 【冬の季語】大年
PAGE TOP