ハイクノミカタ

日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

日本の元気なころの水着かな

安里琉太


作者は1994年生まれ。ハイレグの水着なんて、遠い昔のことで、むしろなぜこんなものが流行していたのか、皆目見当がつかぬ、という世代だろう。そういう、ジュリ扇はもちろん、熱湯コマーシャルも、ワンギャルでさえ知らない世代だからこそ、「日本の元気なころの水着」が、化石のような遠さをもって迎えられるのがリアルにひびく。ちなみにこの距離感、90年代以降に生まれた世代はいうまでもなく、私のような80年代生まれの人間にとってみても、理解できる。さらに5年さかのぼると……たぶん、むずかしいのかもしれない。『式日』(2020)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  2. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】…
  3. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  4. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  5. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  6. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  7. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
  8. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  2. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  3. 【春の季語】春月
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  5. 【毛の俳句】
  6. 【春の季語】囀
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  8. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  9. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  10. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】芋虫
  2. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#11
  4. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  5. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  6. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  7. 【冬の季語】小六月
  8. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  9. 【春の季語】葱坊主
  10. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】
PAGE TOP