ハイクノミカタ

日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

日本の元気なころの水着かな

安里琉太


作者は1994年生まれ。ハイレグの水着なんて、遠い昔のことで、むしろなぜこんなものが流行していたのか、皆目見当がつかぬ、という世代だろう。そういう、ジュリ扇はもちろん、熱湯コマーシャルも、ワンギャルでさえ知らない世代だからこそ、「日本の元気なころの水着」が、化石のような遠さをもって迎えられるのがリアルにひびく。ちなみにこの距離感、90年代以降に生まれた世代はいうまでもなく、私のような80年代生まれの人間にとってみても、理解できる。さらに5年さかのぼると……たぶん、むずかしいのかもしれない。『式日』(2020)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  2. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  3. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  4. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  5. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  6. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  7. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  8. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP