季語・歳時記

【秋の季語】秋めく

【秋の季語=初秋〜仲秋(8月〜9月)】秋めく

【解説】

8月・9月はまだ暑い日が多いですが、そのようななかで秋の兆しが感じられるなあ、という微妙な感覚が「秋めく」ということなのでしょう。そのような意味では「新涼」という季語と、少し似ているところがあります。

しかし「暑し・涼し(夏)」から「秋暑し・涼新た(秋)」への移行が「暑さ/涼しさ」という体感温度のほうに重心がのっているとするなら、「秋めく」はもっと雰囲気的なものまで含めて、包括的な季節の変化に重きがあるということになるでしょうか。

俳句をはじめたばかりのころは、しばしば「秋っぽいもの」に「秋めく」という季語を使ってしまうことがあります。たとえば、半袖が七部丈になったとか。しかしそれは秋めいた「結果」なので、あまりいい俳句とはならないでしょう。その意味では、「めく」系の季語は、「なんとなく」感がとても大事。

秋めくやあゝした雲の出かゝれば   池内たけし

「ああした」ってどんな雲やねん、というツッコミをしたくなる気持ちの反面、じわじわと「秋めく」感が広がってくる一句です。

【関連季語】秋暑し(秋)、新涼(秋)、秋深し(秋)など


【秋めく(上五)】
秋めくや貝ばかりなる土産店 久米正雄
秋めくやあゝした雲の出かゝれば 池内たけし
秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷
秋めくや肌白かりし母のこと 飯田龍太
秋めくや縁に出て書く農日記 上村占魚
秋めくやブックエンドの人魚さへ 川口重美
秋めくと思ふ貝煮る音の中 岡本眸
秋めくや鬼界ケ島を去らぬ雲 福永耕二
秋めくや一つ出てゐる貸ボート 高橋悦男
秋めくや鮑のわたの暗みどり 高橋睦郎

【秋めく(中七)】
天草の沖や秋めく波がしら 今井杏太郎
洗濯を終へて秋めくおばあさん  宮本佳世乃

【秋めく(下五)】
大阪に曵き来し影も秋めきぬ 加藤楸邨

【ほかの季語ありのパターン】
箒木に秋めく霧の一夜かな  西島麦南
高原の秋めく日ざし小雷 星野立子
秋めきて白桃を喰ふ横臥せに 森 澄雄
炎天のすでに秋めく己が影 高橋悦男


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】落椿
  2. 【冬の季語】綿虫
  3. 【夏の季語】蟇
  4. 【春の季語】日永
  5. 【冬の季語】雪
  6. 【夏の季語】たかんな
  7. 【春の季語】春の雨
  8. 【冬の季語】悴む

おすすめ記事

  1. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  2. 【夏の季語】蓮
  3. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  4. 去年今年貫く棒の如きもの 高浜虚子【季語=去年今年(冬)】
  5. 【冬の季語】枯芝
  6. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
  7. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  8. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  9. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  10. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 

Pickup記事

  1. 【冬の季語】嚏(嚔)
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  3. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】
  4. 【春の季語】朧
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  6. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  9. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  10. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
PAGE TOP