連載・よみもの久留島元のオバケハイク

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏

    方相氏戟をかまへて突つ立つたり松尾いはほ昭和五年『ホトトギス雑詠選集冬』『ホトトギス雑詠選集』「追儺」の項目より。松尾巌は京都帝国大学医学部で内科教授を務めた。大谷句仏に俳句を学び、のち五十嵐播水、…

  2. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談

    今はとて舟幽霊や失せぬらん蕪村(俳文学大系12巻、蕪村集連句編)安…

  3. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」

    春雨やいかに野槌があくびごゑ松礒(談林功用群鑑)話題を探して『俳文…

  4. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」

    三日月の櫛や忘れし雪女佐藤紅緑小説家、劇作家でもあった佐藤紅緑の、…

  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」

    桂男すまずなりけり雨の月芭蕉(宗房)芭蕉がいまだ宗房と本名を名乗っ…

  6. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」

おすすめ記事

  1. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  2. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  3. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  4. 【新年の季語】左義長
  5. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  2. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  3. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  4. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  5. 【冬の季語】師走
PAGE TOP