連載・よみものもしあの俳人が歌人だったら

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#7このコーナーは、気鋭の歌人のみなさまに、あの有名な俳句の作者がもし歌人だったら、どう詠んでいたかを想像(妄想)していただく企画です。今月取り上げる名句は、松尾芭蕉…

  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#6このコーナーは、気鋭の…

  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#5このコーナーは、気鋭の…

  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#4このコーナーは、気鋭の…

  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3

    【新連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#3気鋭の歌人のみなさま…

  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2

  7. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1

おすすめ記事

  1. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  2. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】
  3. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林
  4. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  5. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】
  3. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  4. 【春の季語】白梅
  5. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
PAGE TOP