「いぶき」

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナー。全句から、未来の名句となるかもしれない「推しの一句」を選んでご鑑賞いただく読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」は、3月…

  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を…

おすすめ記事

  1. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  2. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  4. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  5. 【秋の季語】鴨渡る

Pickup記事

  1. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  2. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  4. 【春の季語】初蝶
  5. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
PAGE TOP