「猫街」

  1. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】

    南浦和のダリヤを仮のあはれとす摂津幸彦南浦和と聞いて、「ああ、あの埼玉の!」とすぐに分かる人が何人いるだろうか?県庁所在地である浦和なら何となく知っている人もいるだろうが、埼玉県育ちの私ならともかく…

  2. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき

    コンビニの枇杷って輪郭だけ原ゆき先日の猛暑日にうっかり水分…

  3. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信

    「月光」旅館       開けても開けてもドアがある)高柳重信…

  4. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井

    来たことも見たこともなき宇都宮)筑紫磐井ハイクノミカタ、再…

  5. 動かない方も温められている 芳賀博子

    動かない方も温められている)芳賀博子『髷を切る』2018年9月…

  6. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】

  7. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(冬)】

  8. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】

  9. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】

  10. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】

  11. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生

  12. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  2. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三
  4. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  5. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】

Pickup記事

  1. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  2. 【秋の季語】秋蝶
  3. 【春の季語】囀
  4. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
PAGE TOP