とき

  1. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】

    祭笛吹くとき男佳かりける橋本多佳子 向井太一の歌が聴きたくてちょうどその時やっていたライブに行ったらさかいゆうとの2マンライブだった。目的は向井太一だったがさかいゆうのキーボード(字数が多いので以後…

  2. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】

    散るときのきてちる牡丹哀しまず稲垣きくの 牡丹は開ききった…

  3. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑

    こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし水原紫苑…

  4. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】

    みかんむくとき人の手のよく動く若杉朋哉田中裕明の「よき友は…

  5. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】

    さざなみのかがやけるとき鳥の恋北川美美北川美美さんの思い出…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】雲の峰
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  3. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  5. 全国・俳枕の旅【第72回】 松山・石手寺と篠原梵

Pickup記事

  1. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】
  2. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  3. 【冬の季語】雪達磨
  4. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  5. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
PAGE TOP